シェルター設備

災害用シェルター

いつ起こるか分からない自然災害に備え、大正設備では既存住宅の一室をそのまま災害用シェルターへ作り変えるリフォーム事業を提供しております。

既存の住宅の一室を作り変えることで、新しい建物を建てる必要もなく、コストも抑えられます。また、最小で納戸サイズ(3~4畳)から対応しております。

シェルター設備を施したお部屋に備蓄品を置いておけば、いざという時にその部屋に避難するだけで安全です。

施工は、40cm以上の基礎コンクリートと200Φ×1.5mのパイルを地中に埋め込み、鋼材で部屋全体を囲み補強するという方法をとっています。その上から内装を施しますので、見た目にはシェルター設備だということが分かりづらくなっており、日常生活を送る上での影響はありません。

料金

4.5帖タイプで234万円6帖タイプで288万円です。

※税別料金です
※オプション:空調設備

災害用シェルター施工の流れ

  1. Step01.お客様と打ち合わせ

  2. Step02.CAD設計

  3. Step03.施工

災害用シェルターの特徴

  • 1 敷地内にすぐに逃げ込める
  • 2 平常時も使えるので無駄にならない
  • 3 様々な場所に設置することができる
  • 4 脱出から救出まで命を守る
  • 5 暑さや寒さから避難者を守る

地下型核シェルター

地下型核シェルターの施工もしています。

日本ではあまり馴染みがありませんが、諸外国での人口あたりの普及率は、スイス・イスラエルで100%以上、その他ノルウェー98%、アメリカ82%、ロシア78%となっております。給排水設備、換気システム、空気ろ過装置などの諸設備を整えることで、もしもの時に備えます。自分の子孫に残る財産の1つとなります。

リフォーム事業に長年携わってきた当社が提案するのは、「地下室」として日常生活でも利用ができる設備です。温度を保つ特性を活かしたワインセラー、高い防音性を活かしたスタジオなど、様々な用途で使用可能です。

料金

図面のタイプで588万円です。

※税別料金です
※オプション:電気1次側・給排水換気空調設備・放射能除去装置・通信設備

ページトップへPAGE TOP